比較 NPB(プロ野球) MLB(メジャーリーグ)

現在、日本のプロ野球には、セントラル・リーグおよびパシフィック・リーグの2リーグが存在します。 一方、米国には、アメリカン・リーグとナショナル・リーグから成るメジャー・リーグ(MLB)があります。

メジャーリーグ

それぞれの歴史は、まず、米国では、野球を職業とするいわゆる「プロ選手」が1860年代前半に登場し始めました。 1868年、プロ選手に関する正式な規定ができ上がり、翌年にはプロ選手だけで構成される野球チームが初めて結成されました。 その後、こうしたチームが続々と誕生し、1871年に米国初のプロ・リーグが誕生します。 現在のナショナル・リーグが発足したのは1876年のことで、アメリカン・リーグの登場は1900年のことです。

一方、日本で初めてプロ野球チームが発足したのは1920年です。 3年後にそのチームは解散しますが、1934年には「大日本東京野球倶楽部」(読売ジャイアンツの前身)が誕生し、翌年には「大阪野球倶楽部」(阪神タイガース前身)が誕生します。 1936年には日本初のプロ野球リーグが発足し、現在のような2リーグ制になったのは1949年のことです。

  • ブックメーカー用語集
ブックメーカー関連コラム
ブックメーカーの解説
スポーツ選手の怪我とメンタル
競馬と競艇の比較
比較 プロ野球 メジャーリーグ
国内外 有名ゴルフ選手 名鑑
世界テニス 男女別名選手
スポーツ経済学