ブックメーカーに簡単投資で儲ける

ブックメーカーで簡単に儲けるための投資方法として、裁定取引と呼ばれるものがあります。 これはアービトラージとも呼ばれるもので、ブックメーカーの間のオッズ差を利用して稼ぐ方法になっています。

簡単に説明すると野球の試合があったとしてとあるA社ではGチームのオッズを1.5倍にTチームのオッズを2.1倍に設定していたとします。 そして、B社では逆にGチームのオッズが2.1倍でTチームのオッズが1.5倍になっていたとします。

ここでA社ではTチームの勝利に1万円を賭け、B社ではGチームの勝利に1万円を賭けるとするとどちらが勝ったとしても21000円になって返ってくることとなるので理論的には全くリスクをなしに利益を手にすることが出来るのです。 これはブックメーカーによってオッズの設定が変わってくることからこのような手法を使うことができるのですが、この方法を用いれば確実に利益をあげることができるのです。

ただし、ひとつだけ問題があるとすればこのような状態というのは決して少ないものではありませんが、頻繁に起こるというわけでもないのでじっくりと機会が来るのを待つ必要があります。 また、もたもたしているとその間にオッズが変わってしまうこともあるため、瞬時の判断で素早い取引をしなければならないためその点注意をする必要があるのです。

ブックメーカーは少ない費用で投資できる

ブックメーカーに興味をもつ人は、ひと昔前に比べて多くなってきているのではないでしょうか。 その理由は、海外のスポーツの情報がインターネットを通して簡単に手に入れることができるようになったことや、日本人の選手が多く世界中で活躍する時代になったことなどさまざまな理由が考えられます。 そんなブックメーカーですが、少ない費用で投資できるという点で非常に多くの人にとって参入障壁が低いです。

実際にどれぐらいの額から始めることができるかというと、日本円で100円ぐらいから始めることができるところがほとんどです。 ブックメーカーの多くは、ドルやユーロで賭けることには対応しているところは多いですが、日本円で賭けることを認めているところは全体的に少数派です。 ですので、だいたい多くのブックメーカーが1ドルや1ユーロから賭けることができると考えていいかもしれません。

投資と言われる世界では、なかなか大きな資金を持っていないとそもそも参加することすらできないというものも少なくありません。 そのようなものに比べると少額から参加できるので、資金がそんなに多く用意できないというような人にとっては、魅力的な投資対象かもしれません。

  • ブックメーカー用語集
ブックメーカー関連コラム
ブックメーカーの解説
スポーツ選手の怪我とメンタル
競馬と競艇の比較
比較 プロ野球 メジャーリーグ
国内外 有名ゴルフ選手 名鑑
世界テニス 男女別名選手
スポーツ経済学