欧米に多いブックメーカーの賭け事

欧米特にイギリスで行われる賭け事においては、必ずと言って良いほどブックメーカーと呼ばれる事業者が深く関わって来ます。 日本語に直訳すると賭け屋と呼ばれるブックメーカーは、何らかの賭け事そのものを事業の対象として自らが配当を決定し、売買を引き受ける事業者として定義出来ます。 特徴としては賭けの対象そのものを主催している訳では無いという点であり、この点において対象の主催と賭けとしての販売を一手に引き受ける胴元とは異なったものと定義出来ます。

ブックメーカーは国による規制が強くない場合については基本的に同一の賭けの対象を取り扱う複数事業者が存在し、業者間の競争が存在しているのも特徴の1つです。 配当が決定出来る事で賭け金に占める払戻し額の割合である還元率もある程度コントロール出来ますが、あまり還元率が低いと競争原理で淘汰の対象になり兼ねないという側面があります。 何故なら賭ける側にとっては、還元率との差異が実質的な参加費用として徴収される形になる為です。従って、ある程度の還元率は維持される傾向にあります。

そうした状況下でもブックメーカーは賭け金から利益を生み出す必要がある為、最近はインターネット技術を活用して販路の拡大を図るケースも増えています。 こうした業者は国を跨いだ販路を展開すると共に、本拠を税金の安い国に置く事で還元率・利益共に高く確保出来る環境を整えるケースが増加しています。

ブックメーカーの参加方法

ブックメーカーは日本ではまだあまり馴染みがありませんが、インターネットで簡単気軽に楽しめるできるので、知名度が上がって参加する人が増えています。 ブックメーカーは簡潔にいえば、賭け事です。 欧米ではかなり浸透しています。

イギリスで競馬場で行われたのが最初で、現在ではプロスポーツの勝敗結果が賭け事になるのが一番多くなっています。 スポーツの種目は問いませんし、スポーツ以外であれば、明日の天気や政治の選挙結果など、ありとあらゆるものが賭け事の対象になっています。

日本ではギャンブルサイトが認められていませんが、欧米などの他の国々では国営化されているものや合法化されているものが多いのです。 日本では運営は認められていませんが、ブックメーカーが合法な国のものに参加するのは、法律で明示的に禁止されていません。 ブックメーターの参加方法は簡単です。

まずは賭け金を支払ったり配当金を受け取ったりするための電子マネー口座を開設しましよう。 そして参加したいブックメーカーでアカウント登録をすれば、これで参加が可能になります。 ブックメーカーはとても沢山ありますから、自分の得意分野の賭け事を提供しているものを選びましょう。

  • ブックメーカー用語集
ブックメーカー関連コラム
ブックメーカーの解説
スポーツ選手の怪我とメンタル
競馬と競艇の比較
比較 プロ野球 メジャーリーグ
国内外 有名ゴルフ選手 名鑑
世界テニス 男女別名選手
スポーツ経済学