ブックメーカーの仕組みとは

スポーツブックメーカーというのは、一体どのような仕組みになっているのかと疑問に思っている人もいるかもしれませんが、これは簡単にいうと業者と客が実際に直接賭けをしているということになります。

日本の公営競技などは胴元側が賭けに参加をすることはなく、利用者から集めた賭け金を一定の手数料を徴収して払い戻す仕組みになっているので胴元側が損するということはありえませんが、ブックメーカーの場合には客のほうが大勝ちすると胴元側が負けてしまうこともあるのです。

もちろん、ブックメーカーを健全なビジネスにするためには客側が勝てば大損で胴元側が勝った場合には大儲けとならないように、売上が偏らないように工夫されているのですが基本的な仕組みとしては客と胴元側の賭けをしていると考えて間違いはありません。 そのため、日本の公営競技とは異なりブックメーカーでは状況次第で客側が有利となる賭けをすることができることもあるのです。

  • ブックメーカー用語集
ブックメーカー関連コラム
ブックメーカーの解説
スポーツ選手の怪我とメンタル
競馬と競艇の比較
比較 プロ野球 メジャーリーグ
国内外 有名ゴルフ選手 名鑑
世界テニス 男女別名選手
スポーツ経済学